AP(アクセスポイント)機能について

  • 2018.04.16
  • NO IMAGE

    こんにちは。防犯ステーションです。
    前回は「インターネット回線の速度」についてお伝えしました。
    今回は、「AP(アクセスポイント)機能」についてご紹介します。

     

    ■AP(アクセスポイント)とは

    通信ネットワークの末端でコンピュータなどからの接続要求を受け付け、ネットワークへ
    の通信を仲介する施設や機器のことです。

    防犯カメラのAP機能に置き換えると、インターネットの環境がなく、ルーターも無い状態でも、
    カメラのAP機能を使うことによって、スマートフォンとカメラを直接ネットワークでつなぐこと
    ができ、リアルタイムの映像確認や設定、SDカードの内容を確認することができます。

     

    ■AP(アクセスポイント)モードとは

    以下、防犯ステーションのカメラについてです。
    APモードが有効になっているカメラからは、一時的にWiFiに類似した電波が発生し、スマート
    フォンでその電波をキャッチし、リアルタイムの映像や録画を確認できます。


    ※APモードの電波はWiFiよりも弱くかつ一時的な為、長期接続ができません。(2~3日程度で
    切れます)また、カメラの傍でしかこの電波はキャッチできないので、遠隔で見ることはできま
    せん。

     

    ■APの接続方法

    防犯ステーションのカメラシリーズのAPモードの利用方法です。

    1.カメラの電源を入れてAPボタンを3秒くらい長押しします。

    2.スマホのWiFi設定画面を開くと、「CAMAP-●●●●●●-●●●●●」という名前の電波が表示されます。
    (表示するのに時間かかることがあるので、カメラ再起動して再度APボタンを押していただく
    か、一度WiFiを切って再度WiFiの検索をするなど試してみてください)

    3.接続完了したらアプリに移動しカメラ登録をしてください。
    リアルタイムの映像確認や、録画の映像の確認をスマホでできるようになります。

     

    ▼AP機能付きのおすすめ防犯カメラはこちら
    防犯ステーション SecuSTATION SC-NX81(屋外防犯IPカメラ 137万画素 マイク内蔵)
    防犯ステーション SecuSTATION SC-NX82(屋外防犯IPカメラ 243万画素 マイク内蔵)

    Follow me!

    カメラの機能カテゴリの最新記事