トレイルカメラのメリット、選び方

  • 2018.09.05
  • トレイルカメラのメリット、選び方

    こんにちは!せきゅなび編集部の伊藤です。いきなりですが、電源が不要な防犯カメラを皆さんはご存知ですか?固定式の防犯カメラは必ず外電源が必要で設置したくても出来ない、設置費用が高くて手を出せないといった導入への障害が存在します。

    そんな方には置くだけですぐに使える「トレイルカメラ」がおススメです。今日は置くだけで簡単に使えるトレイルカメラのメリット、選び方等についてご紹介したいと思います。

    ここが凄い!トレイルカメラ導入のメリット

    置くだけですぐに簡単に使える

    電源を入れて、置いておくだけで撮影開始。乾電池で動作するから外電源を用意する必要がありません。ここが他の防犯カメラにはないトレイルカメラ一番のメリットです。

    熱に反応する人感センサー

    人感センサーで熱に反応して撮影をする事ができます。「防犯目的」や「犯人を特定する等の目的」の際にも大活躍。電池の節約にもなるので便利ですね。

    畑の獣害対策に

    田畑の被害の原因を突きとめるのにも有効です。乾電池またはソーラー充電で稼働するので、電源の用意できない環境でも簡単に設置する事ができます。人によるいたずらなのか、野生動物による被害なのか等原因を究明できれば、次の対策を練る事もできます。

    駐車場でのいたずら、ゴミの不法投棄対策に

    置くだけで稼働できるからとても簡単、スピーディーに運用する事ができます。固定の防犯カメラを取り付ける場合は電源の確保、設置工事費用など色々と経費がかかってしまいますがトレイルカメラなら安価に導入する事も可能です。

    また、他の場所にも簡単に移設する事ができ、汎用性が高いのもポイントです。

    トレイルカメラを選ぶポイント

    屋外でも使えるかどうか

    トレイルカメラの用途で多いのが、畑や駐車場に設置したりといった屋外での使用です。防塵防水耐性の基準を考えると、屋外で使うのならIP56は必要となってきます。

    (引用)
    IP5〇
    「じんあいの侵入を完全に防止することはできないが、電気機器の所定の動作、及び安全性を阻害しない(防じん形)」
    IP〇6
    「あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な影響を受けない(耐水形)」
    出典元:◆https://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/ip56/ip56.html

    画質が綺麗かどうか

    証拠となる映像を残さなければいけないので、画質が粗くては設置をする意味がありません。解像度1920×1080のフルハイビジョンに対応したトレイルカメラを選びましょう。

    日本語での設定、説明書があるかどうか

    トレイルカメラは多くの種類が販売されていますが、安価な並行輸入品は価格が安い変わりに、設定画面や説明書が英語でかかれている場合が多々あります。

    英語が苦手な方は特にこの点は気を付けた方が良いかもしれません。また並行輸入品は設定につまずいた際のサポートが英語のみだったりと難点も多いです。

    +アルファのポイント

    ソーラー充電に対応しているか

    乾電池での稼働だとどうしても電池の残量を気にしながら運用しなければいけません。ソーラー充電、パネルに対応している機種なら電池残量を気にせず運用できるので、手間や心配を軽減できます。

    自宅から離れた場所にトレイルカメラを設置する場合などはあるととても便利ですね。

    まとめ

    以上、トレイルカメラの選び方、メリットについてご紹介しました。とにかく簡単に設定できて、置くだけで使えるのはトレイルカメラの大きな長所です。

    防犯ステーションでもトレイルカメラのラインナップがあるため、興味のある方はぜひ一度下記リンクからご覧ください。もちろん上記で述べた選ぶポイントはすべて満たしていますので、ご安心ください。

    それでは今回はこの辺で失礼します。

    ソーラーパネル対応トレイルカメラSC-MB62

    置くだけですぐご使用いただける、話題のトレイルカメラが新登場!!1600万画素の超!高画質です。

    Follow me!

    トレイルカメラカテゴリの最新記事