トレイルカメラを実際に設置してみました

  • 2018.09.07
  • トレイルカメラを実際に設置してみました
    こんにちは、せきゅなび編集部の伊藤です。今回は置くだけで使える「トレイルカメラ」を実際に設置してみました!の回です。いくら置くだけで使えると言っても、ほんとに置くだけの状態で使っていたら、トレイルカメラ自体を犯人に持ち去られてしまいますよね(笑)

    トレイルカメラをこれから導入しようとしている人の中には実際どういった感じで設置するのかピンと来てない方も多いと思います。今回はそんな皆さんの手助けができればと思います。

    室内でトレイルカメラを使う場合

    ほんとに置くだけ

    玄関などの室内なら、通りすがりの人にカメラを盗まれる心配はありません。ですので、文字通り「置くだけ」でカメラが使えてしまいます。しかし、玄関に置くだけならトレイルカメラである必要はないような気もしますが・・・。

    屋外でトレイルカメラを使う場合

    ベルトで柱に固定する

    屋外への取り付けは「付属品のベルト」を使用するのが、設置するのも外すのにも便利です。固定用のブラケットを使うと、ネジ止めする際に壁や柱に穴をあけなければいけませんが、ベルトなら家屋を傷つけずに簡単に設置する事ができます。

    盗まれないように高い位置に設置

    さらに柱などの高い位置に設置をすれば、トレイルカメラ自体を簡単には盗めませんし、強引に盗もうとすればかなり不審な行動となり目立ってしまいます。

    取り付けの際のハードルは少し上がってしまいますが、セキュリティ面では安心です。さらに高い位置に設置すれば、日光が当たりやすくソーラーパネルとの相性も最高です。

    ダイアルロックとチェーンで盗難対策

    低い盗まれやすい位置に設置しなければいけない場合は、付属のダイアルロックとチェーンを使って盗まれないように工夫をしましょう。玄関前や駐車場などではポール等にダイアルロックとチェーンで括り付ければ、盗難にあう心配はなくなります。

    まとめ

    以上、トレイルカメラの設置についてでした。家屋をできるだけ傷つけたく無かったので、今回はベルトやダイアルロック&チェーンを使った設置方法をご紹介しました。

    その他にも固定用ブラケットとネジを使用しての設置方法等がありますが、少し難易度は上がってしまいます。

    ソーラーパネル対応トレイルカメラSC-MB62

    置くだけですぐご使用いただける、話題のトレイルカメラが新登場!!1600万画素の超!高画質です。

    Follow me!

    トレイルカメラカテゴリの最新記事