SecuSTATION サポート
< All Topics
Print

トラブルシューティング(トレイルカメラ MW/ML/MB)

64GB以上のSDカードが認識しない

お使いのカメラの型番を御確認下さい。

【SC-ML68】は、512GBのmicroSDカードまで対応しています。

【SC-MW68・SC-MB68】は、microSDカード64GB、128GBまで対応しています。

【その他の機種・SC-MB62・SC-ML62・SC-ML63】はmicroSDカード32GBまで対応しています。

 

【SC-MB68 / ML68の場合】

microSDカードは、カメラ上での操作でフォーマット可能ですか?上手くいかない場合、パソコン用フォーマットソフトのご用意がございますのでこちらをお試し下さい。

◇microSDカードの容量が“64GB・128GB”の場合◇

パソコンよりフォーマットを行う必要が御座います。FAT32フォーマットソフトを、ダウンロードしてフォーマットをお願い致します。

FAT32 フォーマットソフト

※ソフトの取扱方法につきましては、ダウンロード後PDF形式でご案内がありますのでご確認ください。フォーマットが出来ていない場合は、カメラがmicroSDカード認識しない・録画が出来ない場合が御座いますのでご注意ください。

 

録画されない

下記を確認してください。

1. 電池の残量を確認してください。

2. カメラの電源スイッチが「OFF」または「TEST」ではなく、「ON」の位置にあることを確認してください。

3. 別のデバイスで使用していたmicroSDカードを使用している場合、メニューの「SDカード初期化」をお試しください。

4.カメラ設定の録画設定は正しく設定されていますか?メニュー内の録画設定を御確認下さい。

カメラ以外でmicroSDカードの記録を確認したい

USB ケーブル(付属)を使用してカメラをパソコンに接続し、記録を確認します。

または、microSD カードを取り外し、パソコンに接続されたmicroSDカードリーダーに差し込み、記録を確認します。

画面が立ち上がらない

下記を確認してください。

1. 乾電池でご利用の場合、電池が正しく挿入されていることを確認してください。

2. 電池が適切な極性であることを確認してください。

3.電池、ソーラーパネルで設置いただいている場合は、ACアダプターに変えていただき一度カメラの電源をオフにし、テストモードに入れなおして画面が立ち上がるかご確認ください。

4. 電源スイッチの「OFF」・「TEST」・「ON」の切り替え時、スイッチが定位置に正しくあることを確認してください。

5.オンモードに切り替えると15秒のカウントダウン後、画面が消えますが、こちらは不具合ではなく待機状態になっておりますのでそのまま設置いただき撮影をお試しください。

 

ソーラーパネルの動作が安定しない

SC-SPC02のソーラーパネルの場合は、一度完全に充電にしてから稼働テストをお試しください。USB充電ケーブルをご用意いただき、充電をお願い致します。

ソーラーパネル裏側にあるネジを2点外していただき、約8時間程充電をしていただきますと充電完了します。

 

ソーラーパネルの充電ができない(SC-SPC02)

・電源が入っているかご確認ください。裏面の電源スイッチを1秒押していただき、表示ランプが5回点滅するかご確認ください。

・マイクロUSBケーブルを使用してソーラーパネルを充電していただき、充電されるかご確認ください。ソーラーパネル裏側にあるネジを2点外していただき、microUSBケーブルで約8時間程充電をしていただきますと充電完了します。

・太陽光での充電は満タンまで約3日ほどかかりますので、すぐにはたまりませんのでご了承ください。

 

パスワードが分からない

パスワードをお忘れの場合はお客様での初期化・解除できかねます。サポートまでその旨お問い合わせくださいませ。

 

通電していない

・電池、ソーラーパネルで設置いただいている場合は、ACアダプターに変えていただき一度カメラの電源をオフにし、テストモードに入れなおして画面が立ち上がるかご確認ください。

・オンモードに切り替えると15秒のカウントダウン後、画面が消えますが、こちらは不具合ではなく待機状態になっておりますのでそのまま設置いただき撮影をお試しください。

 

SDカードが同梱されていない(SC-MW)

microSDカードはカメラ内SDカードスロットに挿入し、出荷されています。再度ご確認をお願いします。

誰もいない映像が撮影された

温度の変化を検知し撮影する為、風や枝の揺れ等で反応する場合があります。

またカメラの下に水があるような場合にも起こる場合があります。検知されている可能性があるものを避けて設置してお試しください。

電池がすぐに切れてしまう

下記を確認してください。

1. バッテリーの寿命は、温度等の環境や撮影数/録画時間によって異なります。

特に赤外線LEDが点灯する夜間の撮影は消費電力が大きくなります。

「録画時間(1ファイルの長さ)」と「動体検知間隔」の設定を変更いただくと、電池の消費を抑えることができます。

2. 乾電池は新しいアルカリ電池を使用してください。

3. 設置時には電源スイッチが「ON」の位置になっていることを確認して下さい。

夜間撮影した映像がとても暗い

乾電池表示をチェックして、乾電池の電力が十分かどうかを確認してください。

乾電池の寿命が近づくと、赤外線ライトは動作を停止します。

※赤外線照射距離は約20m以内です。その範囲に対象物があることを確認してください。

日中に撮影した映像がとても暗い

映像に太陽や他の光源が映っていないか確認してください。

夜間撮影した映像が明るすぎて白く見える

撮影対象が近距離にあると、映像が白くなる場合があります。

写真に縞模様が出たり、動画を撮影する際、静止画になる。画像と音声にタイムラグがある

電力不足による影響で起こる場合があります。高性能1.5V単3形アルカリ電池をご使用いただくか、ACアダプターをご利用下さい。

(※SC-ML63にはACアダプターは付属しておりません)

録画映像が短い。設定した長さで記録されない

microSDカードの容量を確認してください。microSDカードの容量がない場合、録画ができない場合があります。

またはカメラのバッテリーが充分であることを確認してください。

バッテリーが少なくなりますと、カメラは電力を節約するために設定した長さよりも短い録画をする場合があります。

記録した映像に日付/時刻が表示されない

メニュー内の「タイムスタンプ」の設定をご確認ください。

 

カメラの設定が変更されない

メニュー画面で設定値を決定する際、「OK」ボタンをしっかり押しているか確認してください。

カメラ内部に水分がある

湿気や雨がカメラに入らないよう電源接続部分等にしっかりと防水対策を行ってください。

録画が表示されない

電源を「OFF」にし、microSDカードを抜いて差し直してください。

アプリが見つからない(SC-MW68)

Android版 Hunting Camera アプリについて

以下のページから直接ダウンロードをお願い致します。

▶ダウンロードはこちら

Previous 設定に関して(トレイルカメラ MW/ML/MB)
Next 設定・操作動画(アプリの操作/MQ/MF/MM/MI/MC/MU/MS/MK/MO)
Table of Contents
MENU